8/10〜8/15は夏季休業をいただきます。お見積り依頼はお受けしています!

スイスのお祭り&イベント

スイスでは、四季折々の伝統的な行事や町ごとに異なる趣向のお祭り、国際的に有名なイベント、ビジネス向けの展示会などが1年を通して開催されていて、観光客も気軽に楽しむことができます。

時期を合わせて訪ねてみたいイベント

スイス建国記念日
ウーリ、ウンターヴァルデン、シュヴィーツの3州の代表が、リュトリに集まり同盟の誓いを交わした1291年8月1日がスイス連邦の始まりです。長い年月を経て次々に州が加わり1891年に建国記念日と定められました。毎年この日にはリュトリの野で式典が行われ、大統領が祝辞を述べます。また、各地で花火やパレードなどの大小さまざまな催し物が開催されます。建国記念日が近づくと、国旗やリボンで飾られたお花や提灯が町中に飾られ、スーパーには赤と白の国旗柄のグッズがずらりと並びます。この時期にしか販売されない商品もあるので、街歩きがお勧めです。

クリスマスマーケット
ヨーロッパの冬の風物詩といえばクリスマスマーケット。スイスでもクリスマスに向けての準備期間(クリスマスイブまでの約4週間)は、各都市にオーナメントやプレゼントなどを売る屋台が立ち並び、クリスマス一色に模様替えします。中でもぜひ訪れたいのは、スワロフスキーのクリスタル・オーナメントで飾られた高さ15mの巨大ツリーがあるチューリッヒ、約100本ものツリーが飾られ華やかなバーゼル、中世の時代から巡礼者が訪れる修道院の町アインジーデルンでの厳かな雰囲気のクリスマスマーケットです。

スイス各地のお祭りも魅力的


春のお祭り
ヨーロッパの春を告げるイースター以降、スイス各地ではチューリップ・フェスティバル、ゼラニウム・マーケット、大道芸人フェスティバルなど様々なお祭りが開催されます。その中でもチューリッヒで行われる「セクセロイテン」は、職人組合の春の訪れを祝う祭りが由来となる伝統のお祭りで、中世時代の服や職業別の民族衣装をまとった人々のパレードから始まり、クライマックスはベーグという雪だるまに火を放ち爆破するまでの時間で今年の夏を占うという、ちょっと驚きのお祭りです。

夏のお祭り
写真は3年に一度、夏のはじめに開催されるヨーデル祭りは、約1万人のヨーデル歌手、旗ふり、アルプホルン奏者が参加するスイスらしいお祭りです。 毎年開催される都市での大規模な夏祭りも魅力的ですが、郊外の小さな町の地元のお祭りに行くのも楽しいでしょう。定番の焼きソーセージを片手に移動遊園地や野外演奏を楽みましょう。日本では見かけないラクレット屋台や日本でお馴染みの綿アメまで、夏のスイスはお祭り天国です。

秋のお祭り
収穫の秋、スイス各地では、その年の収穫に感謝をして様々なお祭りが開かれます。ヌーテルシャルを始めワイン産地のワイン祭り、ティチーノ地方の栗祭りなど。 そして、スイスらしく伝統的なお祭りと言えば、写真のように放牧地(アルプ)各地で開かれるチーズ分配祭りと牧下りです。3から5kgの大きなチーズの塊を、小屋から出して、預けていたミルクの量に比例して各酪農農家に分配します。お祭り終盤に主人公の牛たちが持ち主に率いられて山を下るのですが、その年に一番多くミルクを出した牛には大きな花飾りが付けられています。誇らしげに山を下る姿が印象的なお祭りです。

冬のお祭り
説明寒い冬から春の訪れを願って行われるスイスのカーニバル(謝肉祭)は、ドイツ語圏ではファスナハト、フランス語圏ではカルナヴァル、イタリア語圏でカネヴァーレと呼ばれていて、その土地に伝わる風習や伝統が混ざり特徴のあるお祭りになっています。バーセル、ルツェルン、ベルンのカーニバルは有名で、仮装した行列が笛や太鼓で大きな音を鳴らしながらパレードをします。レッチェンタールでは、木彫りの恐ろしいお面をかぶり、大きな鈴を鳴らしながら村を歩きまわり、見た目も中身も日本の「なまはげ」を思わせます。

チューリップ・フェスティバル
レマン湖の花と呼ばれる小さなかわいい町モルジュでは、4から5月にかけてチューリッップ・フェスティバルが開催されます。モルジュ城の裏手にあるアンデパンダンス公園に、地元の園芸学校が主催するコンクールで優勝したデザインにそって約12万本、300種類のカラフルなチューリップが植えられます。レマン湖、雪化粧を残したフレンチアルプス、公園の木々の緑、そして咲き乱れるカラフルなチューリップが描き出す美しい景色を楽しみに毎年、世界からファンが集まります。

ジュネーヴ・フェスティバル
1920年から始まる伝統の夏祭りで、世界中から約200万人が訪れるスイスいちのフェスティバルです。大規模なお祭りなので交通規制が敷かれ、混雑が予想されますが、約130回の無料のショーやコンサート、ミニガレッタレースや航空アクロバットショーなどプログラムも豊富なので、この時期にスイス旅行をされるなら参加してみたいお祭り間違いなしです。特に最終日前夜の花火大会は、音楽に合わせて美しい花火が夜のレマン湖を舞い、忘れられない1日になるでしょう。