新型コロナウイルス感染症対策に伴うお知らせ

ロトルアに行こう

北島にあるロトルアは国内最大の地熱地帯。地熱活動が活発で温泉や間欠泉がたくさんあり、温泉地として有名です。ほどよい大きさをしたのどかな街には時期を問わず観光客が訪れます。温泉や周辺に残る手つかずの森での森林浴は、心身ともにリフレッシュ間違いなし!
そのほか、先住民マオリ族の伝統文化を学んだり、アドレナリン大放出のアクティビティー「フリーフォール・エクストリーム」や「シュイーブ」などを体験したり大人から子供まで滞在を楽しめるアイディアがいっぱいです。

ロトルアってこんな街


ロトルア湖
穏やかな青緑色をした神秘的な湖は、火山噴火によって誕生しました。大きな湖の中央には溶岩によってできた島「モコイア島」があります。モコイア島は国内でも重要な文化的・歴史的名所であるとともに、ニュージーランドで有名なラブストーリーの舞台になっています。


スカイライン・ロトルア
街からバスで約10分、ゴンドラに乗ってノンゴタハ山の頂上にある展望台へ。日中は街と湖の美しい景色、夜には満天の星空を満喫できます。敷地内ではリュージュやジップラインなどのアクティビティーを楽しめ、美味しい食事が自慢のレストラン、国内の厳選されたブドウを集めて作られたボルカニックヒルズ・ワインが味わえるテイスティングルームもあります。


テ・プイア
地熱文化とマオリ伝統文化を一度に体験できる観光名所。1日最大20回、高さ30mまで熱水噴き上げるポフツ間欠泉は世界的にも有名です。敷地内には伝統工芸の実演を見学できる美術工芸学校があり、マオリの伝統文化を後世へ伝承し続けています。またマオリコンサートでは歌やダンスパフォーマンスを楽しめます。

温泉でリラックス


ポリネシアン・スパ
ロトルアに来たら外せない温泉施設。世界の温泉TOP10にも選ばれた施設には、26の温泉プールがあります。大人専用プール、ファミリースパ、貸し切り用プールなどエリアが分かれているので、ゆっくりと寛ぐことができます。(水着着用)


ヘルズゲート&ワイオラスパ
マオリ族所有の地熱地帯にあるスパ施設。700年以上前からマオリ族の健康湯浴として利用されている泥温泉の泥を使用した「泥スパ」は、お肌がスベスベになると好評です。(水着着用)

大自然を歩く&動物たちとの触れ合い


ワイマング火山峡谷
1886年に起きたタラウェア火山の噴火で形成された大地熱地帯。この地域ならではの地形や植物、様々な色や形の火口湖はハイキングで巡ることが出来ます。ハイキングを楽しんだ後は、別世界のように静かな「ロトマハナ湖」のクルーズをお楽しみください。足に自信がない、また時間がない方はシャトルバスの利用も出来ます。


レッドウッズ・ツリーウォーク
樹齢100年を超え、ビルの7階ほどの高さになる赤杉の巨木が立ち並ぶレッドウッズ森林公園。この神々しい雰囲気を持つ森林には無料のウォーキングコースの他に、大きな木々の間に渡された地上12mの橋を歩くツリーウォークという有料のアクティビティーがあります。ライトアップされる夜の散策はとても神秘的です。


アグロドーム
今も昔も変わらずニュージーランドを訪れたら一度は体験したいのがファームショー。総敷地面積350エーカーの国内最大の観光牧場アグロドームでは羊の毛刈りショー、牧羊犬のショー、乳搾り、餌付け体験のほかにも色々な動物たちと触れ合うことができます。

マオリの聖地へようこそ


マオリ族
マオリ族はニュージーランドの先住民、1000年以上前にこの島に渡って来たと言われています。現在も多くのマオリ族が伝統文化を守りながら暮らしているので、私たちは国内各地でマオリ族の伝統文化に触れることができます。特にロトルアでは、この伝統文化を視覚、聴覚、味覚など色々な角度から体験することができます。


マオリのおもてなし
伝統文化を体験するならテ・プイアのほかに「タマキ・マオリ・ビレッジ(写真)」や「ミタイ・マオリ・ビレッジ」がお勧めです。昔ながらの衣装に身を包んだマオリ族スタッフがマオリの世界へご案内します。歓迎の儀式やパフォーマンス、伝統料理ハンギなどで皆様をおもてなしします。ラグビーでお馴染みの戦いに挑む踊り「ハカ」の迫力は思い出に残るでしょう。


歴史を垣間見る2つのマオリ村
1つは写真の「オヒネムツ村」。かつてロトルアの中心部として栄えた村で、伝統的な装飾を施された建物を見学することができます。現在も伝統文化を大切に守りながらマオリ族が暮らしています。古代と現代、両方の文化を知ることができる村です。
もう1つの「テ・ワイロア村」は1886年のタラウェラ山の大噴火の火山灰によって埋没した村。半分以上が火山灰に埋もれたマオリの家が保存されています。博物館には発掘された食器や家具、工芸品などの遺品が展示されていて、過去の災害を伝える場所となっています。