ご旅行手配の状況と営業体制のご案内

新型コロナウィルス関連情報 – カナダの状況

新型コロナウィルス感染症の拡大が未だ収まりませんが、ワクチン接種が進んだ国から少しずつ回復の兆しが見えてきています。 海外旅行も、まだ楽観はできないものの、徐々に再開しつつあります。 世界に飛び出せる、その日を楽しみにしながら、現状をお知らせしていきます。

渡航状況航空便の状況国内の状況感染状況

カナダへの渡航状況

いよいよ! カナダへの入国が可能になるとの発表がありました。
あくまでも今後のカナダ国内での疫学的状況が良好であればという前提のもとですが、それでも1歩前進です。

カナダ入国に関する水際対策緩和について【予定】

カナダ政府より、水際対策の緩和について、以下の発表がなされています。

(1) 米国からの渡航について、8月9日 12:01 AM (EDT)より、以下が適用されます。

◆米国在住の米国民と米国永住権保有者は、ワクチン接種が完了している場合、カナダへの不要不急の渡航が許可されます。

◆カナダ国民またはカナダ永住権保持者が米国へ 72時間以内の旅行で出かける場合、カナダへ戻る際の陰性証明書は、米国での検査である必要はなく、米国への出発前にカナダで行った検査でも許可されます。

(2) カナダ入国に関する規制が、8月9日 12:01 AM (EDT)より、以下のように変更されます。

◆ワクチン接種完了者がカナダに到着した際の検査は、全員には行われず、ランダムに選択された者のみとなります。

◆現在、ワクチン接種が完了していない者は到着後3泊の政府認可ホテル隔離が義務ですが、これが解除されます。ただし、14日間の自己隔離と、到着日、8日目の検査は依然必要です。

◆ワクチン接種が完了している者と同行している、ワクチン未接種の12歳未満の子供の到着後14日間の隔離が免除となります。ただし、デイケアやキャンプなど、集団生活は14日間避けなくてはなりません。また、到着時と8日目の検査は必要です。

◆新型コロナウイルス感染後、感染力がなくなった後も、検査で陽性反応が出続けてしまうことがあり、その場合は、到着前14日から180日の間の陽性証明書を提示することで入国可能になります。(現在は14日から90日の間)。

(3) 8月9日より、以下の5空港でも国際便の発着が可能となります
(現在はトロント、モントリオール、バンクーバー、カルガリーのみ)
・ハリファックススタンフィールド国際空港
・ケベックシティジャンレサージュ国際空港
・オタワマクドナルド-カルティエ国際空港
・ウィニペグジェームスアームストロングリチャードソン国際空港
・エドモントン国際空港

(4) 9月7日より、米国以外からの旅行者(ワクチン接種を完了している者)の入国も受け入れる予定と発表されています。

【現在の入国状況】
2020年3月18日よりカナダ国籍者、カナダ永住権保持者以外のものには、入国制限が課されています。
アメリカ合衆国との国境管理(陸路での往来制限)も制限されています。

カナダ入国が許可される人
◯カナダ国民と永住権保持者の近親者。
◯カナダ国民と永住権保持者のExtended family member。
◯Public health agency of Canadaより許可された、同情に値する理由 (compassionate reasons)のあるすべての外国人。この場合、自己隔離が限定的に免除されることがあります。
◯必須の用件(essential purpose)で、アメリカから入国する者。
◯Temporary foreign worker。
◯州政府から認められた新型コロナウイルス対策を有する教育機関に通学する留学生。
◯ワーキングホリデーについては、 Port of Entry Letter of Introduction取得済み、 かつ、有効な雇用のオファーを持っている場合のみ、カナダ入国が認められます。

ここ重要!
観光旅行での入国はできませんが、
学生ビザ取得での留学生(DLI対象校に限る)の入国は可能です

【カナダ入国について】

7月5日11:59PM(EDT)より、現在カナダへの入国が許可されており、ワクチン接種を完了しているものに対する隔離措置等が緩和されました

◯ワクチン接種完了者については、入国後の14日間の隔離、3泊の政府認可ホテルの隔離と8日目の検査が免除されます。事前にワクチンに関する情報を ArriveCan で提出すること、また必要に応じていつでも接種記録を提示できることが必要です。
免除に該当するかどうかは、入国時に政府職員により決定されます。 入国時に症状がある場合や、免除とならないと決定された場合に備えての自己隔離計画は依然必要です。

◯ワクチン接種を完了している者に同行しているワクチン接種を完了していない18歳未満の子供と dependent adult については、3泊の政府認可ホテル隔離が免除となりますが、14日間の隔離と、入国時・8日目の検査は必要です。

◯ワクチン接種完了とみなされるためには、カナダ政府により承認されたワクチン(ファイザー、モデルナ、アストラゼネカ、ヤンセンファーマ)を規定の回数(ヤンセンファーマは1回、それ以外は2回、違う種類の混合も含む)接種後、14日以上経過していることが必要です。例えば、7月1日に最後の接種を受けた場合は、7月15日より接種が完了しているとみなされます。接種は、どの国で受けたものでも構いませんが、英語かフランス語の接種証明書、または接種証明書の英語かフランス語への certified translation が必要です。

◯《空路入国かつワクチン接種が完了していない場合》事前に新型コロナウイルス検査の陰性証明書の入手、ArriveCANの入力、政府指定のホテルの予約が必要です。

A. 入国に必要な手続き

◯カナダへ空路で入る5歳以上のものは全て、新型コロナウイルス検査の陰性証明が必要です。カナダ行きの航空機に搭乗する前72時間以内に新型コロナウイルス検査を受け、陰性証明を航空会社に提示する必要があります。 PCR法、LAMP法等、認められる検査の種類は以下のリンクを参照してください。抗原検査は認められません。
また、新型コロナウイルス感染後、感染力がなくなった後も、検査で陽性反応が出続けてしまうことがあります。その場合は、到着前14日から90日の間の陽性証明書を提示することが必要です。
Getting tested to enter Canada

◯ カナダに向かう航空機への搭乗前、または陸路の場合は入国前にArriveCAN(アプリケーションまたはウエブサイトを利用)に必要事項を入力し、入国時にレシートを提示することが義務化されています。
必要事項は、(1)渡航及び連絡先に係る情報、(2)自主隔離プラン、(3)症状に係る自己診断です。
これを怠った場合、最高1,000カナダドルの罰金が科せられることがあります。
ワクチン接種に関する情報を提供することも必要です。接種の日付や種類等の入力と、接種証明書の写真またはPDFファイルのアップロードが必要となります。
また、ArriveCAN利用あるいは電話 1-833-641-0343 で、カナダ入国後48時間以内に、(1)申告した住所ないし隔離場所に到着したこと、(2)隔離期間中、毎日健康状態等のオンラインでの申告が必要です。
Use ArriveCAN to enter Canada

B. 到着時検査とホテルでの隔離

空路での到着の場合、以下が必要です。
 Entering Canada requirements checklist
なお、ワクチン接種を完了している場合は、3泊のホテル隔離と8日目の検査は免除されますが、到着時の検査は必要です。

◯カナダへの出発前に、政府認可のホテルを3泊分予約する。
ホテル予約についての詳細は以下リンクを参照。
mandatory hotel stopover

◯カナダ到着時の検査結果が出るまで、自費で上記のホテルに滞在する。カナダでの最初の到着地のホテルに宿泊しなくてはいけない。検査で陰性が確認された後、最終目的地への乗り継ぎを行なっても良い。

◯カナダ到着時に空港で新型コロナウイルス検査を受ける。また、8日目に実施する検査キットを配布される。

◯8日目の検査が陰性で、かつ14日間の自己隔離期間を完了した場合、隔離を終了することができる。

C. 自己隔離

◯カナダへの入国後は、症状の有無にかかわらず14日間の自己隔離が義務。ただし、ワクチン接種を完了している者は隔離が免除されます。

◯隔離場所は、65歳以上の高齢者や基礎疾患のある人とは接触しないこと、かつ食料や必要な医薬品など、基本的な生活必需品が入手できる環境である必要があります。

◯海外に行っていない者と同居している場合は、その者と接触を避ける。

◯症状がある場合、公共交通機関の使用は禁止です。

◯隔離場所までの移動の際は、非医療用マスクもしくはface covering を着用しなくてなりません。
Mandatory quarantine or isolation

◯到着後14日間の自己隔離がきちんと行われているかについて、電話による確認や、スクリーニングオフィサー(公衆衛生庁と契約した警備会社の従業員)による訪問チェックが行われます。

◯カナダ到着時に与えられた指示に従わない者、ワクチン接種の状況に関して虚偽の情報を提出した者は、最大6か月の禁固刑、及び、または最高750,000カナダドルの罰金が課される可能性があります。 こらち

D. 入国制限
カナダ国籍者、カナダ永住権保持者以外の者には、入国制限が課されています。以下の者は入国が許可されています。

◯カナダ国民と永住権保持者の近親者。

◯カナダ国民と永住権保持者のExtended family member。

◯Public health agency of Canadaより許可された、同情に値する理由 (compassionate reasons)のあるすべての外国人。この場合、自己隔離が限定的に免除されることがあります。

◯必須の用件(essential purpose)で、アメリカから入国する者。

◯Temporary foreign worker。

◯州政府から認められた新型コロナウイルス対策を有する教育機関に通学する留学生。

◯ワーキングホリデーについては、 Port of Entry Letter of Introduction取得済み、 かつ、有効な雇用のオファーを持っている場合のみ、カナダ入国が認められます。

ワーキングホリデー参加者の入国のための許可証(Port of Entry Letter of Introduction)の有効期限の延長を最大1年間認めることが発表されています。以下リンク中のWeb formより延長が申請できます。

https://www.canada.ca/en/immigration-refugees-citizenship/services/coronavirus-covid19/iec.html

●カナダ政府によるワクチンについての詳細情報は以下ウエブサイトに掲載されています。
https://www.canada.ca/en/public-health/services/diseases/coronavirus-disease-covid-19/vaccines.html

◯カナダ国内で承認されたワクチンの接種は無料です。

◯国籍に関わらず、カナダに在住している12歳以上(ファイザーワクチン)もしくは18歳以上(ファイザー以外のワクチン)の全ての人が対象となります。

◯現在ファイザー社、モデルナ社、アストラゼネカ社とヤンセンファーマ社のワクチンが、ヘルスカナダにより承認されています。

https://www.canada.ca/en/health-canada/services/drugs-health-products/covid19-industry/drugs-vaccines-treatments/vaccines.html

●予防接種諮問委員会は、以下の勧告を発表しています。

〇mRNAワクチン(ファイザー社またはモデルナ社)の成分にアレルギーがあるなどの理由がない限り、1回目の接種はmRNAワクチンが望ましい。

〇1回目にmRNAワクチンを接種した場合、2回目は同じmRNAワクチンとする必要がある。同じmRNAワクチンがすぐに入手できない場合、または最初の投与に使用された製品が不明な場合は、別のmRNAワクチンが交換可能であると見なされ、2回の接種を完了する必要がある。

〇1回目の接種がアストラゼネカ社ワクチンであった場合、2回目はmRNAワクチンの接種が推奨される。

〇アストラゼネカ社ワクチンの2回接種でも十分な効果は得られる。

●これまでに発表された疫学モデル
https://www.canada.ca/en/public-health/services/diseases/coronavirus-disease-covid-19/epidemiological-economic-research-data/mathematical-modelling.html

●カナダ政府によるコロナウイルス情報
https://www.canada.ca/en/public-health/services/diseases/coronavirus-disease-covid-19.html

●新型コロナウイルス感染の危険のあるフライト座席情報
https://www.canada.ca/en/public-health/services/diseases/2019-novel-coronavirus-infection/latest-travel-health-advice/exposure-flights-cruise-ships-mass-gatherings.html

カナダへの航空便の状況

以下は予定であり、状況によって変動しますので、必ず、航空会社ホームページにて最新状況をご確認ください。

【エア・カナダ】

区間

便名

スケジュール

成田 バンクーバー

AC 4

  〜8/8:水・金・日
8/8〜8/15:月・火・金・日
8/15〜9/5:火・水・金・日

バンクーバー 成田

AC 3

  〜7/31:火・木・土
8/2〜8/9:水・金
8/12〜9/6:月・火・木・土

成田 トロント

AC22

7/8〜9/6:月・火・水・木・土・日
(7月8日〜16日・19日・22日〜24日・30日〜8月2日・6日・7日・9日・10日・27日・28日・9月6日)

トロント 成田

AC21

7/7〜9/5:月・火・水・金・土・日
(7月7日〜15日・18日・21日〜13日・29日〜8月1日・5日・6日・8日・9日・26日・27日・29日、9月5日)

羽田 トロント

AC2

9/7〜:木・金・土・日

トロント 羽田

AC1

9/7〜:木・金・土・日

成田 モントリオール

AC6/AC5

8月9日のみ予定

モントリオール 成田

AC5

8月8日のみ予定

成田 カルガリー

AC1/AC9

運休

関空 バンクーバー

AC40/AC39

運休

Air Canadaの安全対策
参考 Air Canada CleanCare+ / Health and Safetyエア・カナダ(英語)

【ANA】
羽田 ↔︎ バンクーバー:10月9日まで 週3便(月、水、金)運航

参考 国際線路線・便数計画ANA

【JAL】
成田 ↔︎ バンクーバー:
8月31日まで 週3便(JL18便:火・木・金、JL17便:水・金・土)運航

参考 国際線運航状況JAL

カナダ国内の状況

カナダでは連邦政府と各州政府が感染予防のための指針を公表しています。全て英語での発表となりますので、日本語での情報は以下をご確認ください。

在カナダ日本国大使館

在バンクーバー日本国総領事館 新型コロナウイルス関連情報

在カルガリー日本国総領事館

在トロント日本総領事館

在モントリオール日本国総領事館

カナダのコロナウィルス状況

感染状況については、カナダ政府発表 をご覧ください。


新型コロナウィルス関連情報は、日々刻々と変化します。
正確な情報は、日本・カナダ双方の政府発表の情報をご確認ください。

カナダ観光局が情報をまとめています

参考 海外安全ホームページ外務省