カナダシアター

カナダを移動する - Transportation -

蒸気機関車で旅するオンタリオ州 8日間

レトロな客車を牽引する蒸気機関車 “Essex Terminal Railway Locomotive No. 9” は、
ボランティアの手によって長い歳月をかけて修復され、スペシャル・イベントとして
カントリーサイドを走り抜けます。

トロントから西に1時間半、オンタリオ州ウォータールー地方は、のどかな田園風景が広がるカントリーサイド。
このエリアには、ドイツ系の移民が多く、オクトーバーフェストで有名なキッチナーやウォータールー、メープルシロップ・フェスティバルで有名なエルマイラ、教義上の理由から今もなお19世紀頃と同じように電気を使わず馬車を利用し、自給自足の生活をおくるメノナイト派の人々が多く暮らしているセントジェイコブスなどの小さな街があります。
このセントジェイコブスにあるファーマーズ・マーケットは、メノナイトが120年以上も前に自分達の作物を持ち寄って始め、今では野菜や果物だけでなく、手作りソーセージ、焼きたてパン、デザートやキルト製品など、屋内外に600もの露店が並ぶカナダ最大のファーマーズ・マーケットと言われています。
地元ウォータールー・セントラル・レイルウェイは、初夏から晩秋までファーマーズ・マーケット開催日に観光列車を運行します。 レトロな客車を牽引するのは黄色いディーゼル機関車ですが、スペシャルイベントとして、年に数回だけ1923年に製造され1963年に引退した蒸気機関車 “Essex Terminal Railway Locomotive No. 9” が運行します。

ツアー日程

  内 容 食事
1

成田または羽田 (航空便) トロント

夕方: 成田発 空路トロントへ
午後: トロント着

旅は、2015年6月に開通した新幹線などの製造で有名な日本車輌製造の UP EXPRESS に乗車するところから始まります。

〔宿泊地: トロント〕 

機内
機内
夜 - ×
2

トロント (列車) キッチナー (送迎車) セント・ジェイコブズ

午前: トロント発 VIA鉄道コリドー号にて南西部の町キッチナーへ
午後: キッチナー駅から送迎車でセント・ジェイコブスへ

VIA鉄道コリドー号で、以前アムトラック・インターナショナル号(トロント/シカゴ間)が運行していた路線を走り、ウォータールー地方へ向かいます。
セントジェイコブス到着後、機関車修復所 に立ち寄り、ボランティアの手によって修復される機関車を目の前で見学。
見学後は、歴史ある建物が並ぶセントジェイコブス・ビレッジにて自由散策をお楽しみください。 ビレッジには、メノナイトに関する歴史や文化を知る メノナイト博物館 や、この辺りの特産品メープルシロップの作り方や道具が展示されている メープルシロップ博物館 があります。
1950年代後期の南部オンタリオを描いた Oゲージ鉄道模型のジオラマ は大人から子供まで楽しめること間違いなしです。

〔宿泊地: セント・ジェイコブス〕 

朝 - ○
昼 - ×
夜 - ×
3

セント・ジェイコブズ滞在

午前: 自由行動
午後: ウォータールー・セントラル鉄道のスペシャルイベント蒸気機関車ツアーにご参加

午前中はカナダ最大のファーマーズ・マーケットで自由行動。
午後からは、いよいよ SL乗車体験&撮影ツアー です。
乗車体験とSL撮影の2つを満喫することができるので、鉄道ファンも、そうでなくても、大人から子供まで誰もが笑顔になれるイベントです。

〔宿泊地: セント・ジェイコブス〕 

朝 - ○
昼 - ×
夜 - ×
4

セント・ジェイコブズ (送迎車) トロント

午前: セントジェイコブス発、専用車にて観光をしながらトロントへ
午後: 自由行動

すれ違うメノナイトの馬車、広がる田園風景、赤や緑の可愛らしい建物などの景色を後にして、美しい紅葉を眺めながら、一路トロントへ。  途中、オンタリオ州に唯一残っている130年以上の歴史を誇る 赤い屋根付き橋(別名キッシング・ブリッジ/Kissing Bridge) を観光します。

〔宿泊地: トロント〕 

朝 - ○
昼 - ×
夜 - ×
5

トロント滞在

午前: ぶらりトロント徒歩観光
午後: 自由行動

トロント市内の地下鉄や、路面電車が乗り放題になるTTC1日パスを利用しながら、午前中はガイドと一緒に、市庁舎前広場、有名ブランドが並ぶヨークビル、カナダ国定史跡に指定されハリウッド映画の撮影にも使われる工場地跡、ディスティラリー歴史地区を観光します。 ツアーの最後はトロントの台所として知られるセントローレンスマーケットへ。
パスは終日利用できるので、午後は地元っ子のように自由に市内観光をお楽しみください。

〔宿泊地: トロント〕 

朝 - ○
昼 - ×
夜 - ×
6

トロント滞在

終日: 自由行動

世界三大瀑布ナイアガラの滝や、森と湖のムスコカ地方への日帰り観光、サウス・シムコー・レイルウェイ(蒸気機関車)でのビートンクリーク谷の紅葉見物もお勧めです。
都会派なら、トロント市内の博物館や美術館で芸術にひたるのもよいでしょう。 CNタワー近くにあるトロント鉄道博物館は、鉄道ツアー最終日に訪れたい場所のひとつです。

〔宿泊地: トロント〕 

朝 - ○
昼 - ×
夜 - ×
7

トロント (航空便)

午前: 送迎バスにて空港へ
午後: トロント発 空路、帰国の途へ

〔機中泊〕 

朝 - ○
昼 - ×
機内
8

(航空便) 成田または羽田

夕方: 成田または羽田着

機内

■蒸気機関車の撮影は出発日限定のスペシャルイベントになります。詳しくはお問い合わせください。

■手配旅行になりますので、お時間のない方はトロントから日帰りのプランもございます。

ツアーハイライト

*画像をクリックすると大きな画像でご覧いただけます。