カナダの食とワイン

豊かな自然に恵まれたカナダでは、新鮮で美味しい食材が豊富です。 移民が多い国なので、レストランでは様々な国の料理を楽しむことがきます。 ご旅行中にもバラエティに富んだ食事を楽しみいただけます。

ロブスター

■シーフード

冷涼で水のきれいなカナダの海では、様々な魚介類が収穫されます。
アトランティック地方で獲れるロブスター、世界でも高級とされるPEIマルペック産のオイスター、マッスル(ムール貝)、ホタテなどの貝類。サーモン、近海産のマグロ、白身魚のハリバット(Halibut/オヒョウ)、カニ、エビ、数の子昆布 など日本人にもお馴染みの魚介類が豊富です。

ビーフ

■ビーフ

牧畜業の盛んなカナダでは、品質の高い牛肉が生産されています。中でもアルバータ・ビーフは有名です。生産量も多くカナダ各地に出荷されています。 
ステーキも美味しいですが、和食のすき焼きでも美味しくいただけます。
ステーキのメニューを見ると、部位によって選べるようになっています。 サーロイン、テンダーロイン、フィレミニョン、シャトーブリアン、ストリプロイン、Tボーン、プライムリブ、リブアイなど 覚えておくといいですね。

ポテト

■ポテト

主食ともなるジャガイモはカナダの名産品。 特にプリンスエドワード島のPEIポテトは世界中に輸出されるほど有名です。 ステーキのサイドに添えられる大きなベイクドポテトには、バターや、サワークリーム、ベーコンビッツなどをのせていただきます。

フルーツ

■フルーツ

ブルーベリー、クランベリーはカナダ各州で栽培されていて、どちらも世界第2位の生産量です。スーパーでもカゴ盛りで売られていますので、是非ご賞味ください。 生食の他、冷凍にされたり、ジャムやソースに加工されています。 料理やお菓子にも良く使われます。

メープルシロッ
右端はメープルペッパー。
メープルの風味が黒コショウとマッチします。

■メープルシロップ

カナダ産のメープルシロップは、世界の85%を占める名産品です。
シロップの琥珀色の薄いものほど高級と言われます。
 Canada No.1 Extra Light エクストラ・ライト
 Canada No.1 Light ライト
 Canada No.1 Medium ミディアム
 Canada No.2 Amber アンバー
と、だんだんと色が濃くなります。専門店では、味見ができるお店もありますので、味を比べてみてお好みのタイプを選んでいただくと良いでしょう。お土産品として多く店頭に並ぶのは、No.1ミディアムが多いように思いますが、やはり食べ慣れた風味と甘さです。No.2アンバーは、色も濃く、メープルの風味もより強くなります。 朝食のホットケーキやフレンチトーストなどにかけるのは一般的ですが、カナダ人はサイドに添えられているカリカリに焼いたベーコンにもメープルシロップをかけて食べることも。カナダ風にお試しください。

最高に美味しいメープルシロップに出会う! モントリオール →

〔ブログ〕イースタンタウンシップスのメープル小屋 →

ワインオカナガン地方ケトル・バレーのワイン

■ワイン

カナダのワイン産地は、オンタリオ州ナイアガラと、BC州オカナガン地方が最も有名です。ナイアガラの滝から30分ほどのナイアガラ・オン・ザ・レイク周辺には、たくさんのワイナリーがあり、観光ツアーで立ち寄ったり、自転車を借りて、ワイナリーを巡ることもできます。レストランを併設したワイナリーでは、お食事とワインの両方を楽しむことも。
お土産としても人気の高いアイス・ワインは、ぶどうが凍る頃まで収穫を遅らせ、糖度を増したぶどうで作られる希少なデザート・ワイン。ハチミツのような甘さの中にも、フルーティーさがあります。キリッと冷やして、食後酒としてお楽しみください。

ナイアガラとバンクーバーで美味しい笑顔に出会う旅 →

ビール好きのためのカナディアン・ビール探求の旅 →

フードアイランド プリンスエドワード島の美味しい旅 →